KIRORO☆GRAN FESTA 2019 | MUSIC & ENTERTAINMENT

MUSIC & ENTERTAINMENT

#kirorogranfestamusic

島谷ひとみ

島谷ひとみ [シンガー]

Day 2 / 9月15日(日)
16:30~17:30 @イベントステージ

1999年7月のデビュー以降、ナチュラルな佇まいと、様々なタイプの楽曲を歌いこなす”歌唱力”や透明度の高い”歌声”が支持され、「亜麻色の髪の乙女」「Perseus-ペルセウス-」など数々の大ヒットソングを生み出す。
2002年より大晦日放送の「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場。
音楽活動だけにとどまらず、多くのラジオ、バラエティー番組などに出演し、レポーターとしても活躍している。現在は、テレビ朝日「モーニングショー」毎週金曜日、FM yokohama 「eyes on me」毎週土曜日、レギュラー出演中。今年デビューから20周年を迎え20th ANNIVERSARY LIVE TOURを行うなど幅広く活躍している2019年7月28日、デビュー20周年に向け積極的に活動。
昨年は、新たなる大人の魅力と彼女ならではの表現力を打出した34枚目シングル「Golden Lady」、9枚目となるオリジナルアルバム「misty」をリリース。
本年は全国ツアーから始まり、デビュー20周年を迎えミニ・アルバムアルバムのリリースが決定。
代表楽曲「亜麻色の髪の乙女」( new version )や、好評を博した「gentle rain」( new version )、大人の魅力を感じさせるサマーソング「Brilliant Ways」、UNO 国連経済社会理事会日米文化交流会応援ソング 「CYCLE ~サイクル~」を含めた全6曲収録。
LIVE DVDには、2005年から異ジャンルを融合させた新しいポップスの表現を摸索した定評のライブ“クロスオーバー”。
5月23日浜離宮朝日ホールにて行われるライブ「Hitomi Shimatani CROSSOVER ~ Premium meets Premium」のライブ映像を98分収録。MUSIC DVD盤には、gentle rain・Brilliant WaysのMusic Clip他、沖縄でのオフショットを撮影したスペシャル映像を収録。

DJ KOO

DJ KOO [DJ]

Day 3 / 9月16日(月祝)
13:30~14:30 @イベントステージ

TRFのリーダー、DJ、日本屈指の盛り上げ番長!
トータルCDセールスは2100万枚を超え、多くの人に今なお愛されつづけている。
現在は、TRFの活動とともに、日本を元気に!笑顔に!”をモットーに“盆踊り”とDJを融合させた進化型お祭りエンターテインメントで話題を集めている。
また、日本伝統芸能の世界発信を目指すお祭りエンタメユニット「UKOON」(ウコーン)を結成し、精力的に活動中!
DJ KOOのエンターテイメント型ジャパンカルチャーの世界発信に、ぜひ注目してほしい!
YouTubeInstagramFaceBook Twitter

DJ KOO

木山裕策 [シンガー]

Day 1 / 9月14日(土)
18:00~18:30 @イベントステージ

昔から音楽が好きで大学時代もバンドをやっていたが、食べていくには大変と思いプロ志望を断念、就職そして結婚、4人の子供にも恵まれた―――。
―――2004年に甲状腺に腫瘍がある事が判明。
組織検査の結果、悪性の疑いから左側の甲状腺を全摘出。
その際、医師より「手術後に声が出なくなる危険があること」を告げられる。
その際「手術の後にもし声が出るんだったら、絶対もう一度歌ってみよう。」と思う。
手術は無事成功。手術直後は声が出しづらい状態が続いたが、日々の訓練の結果、半年後には歌うことが出来るまでノドは回復。
その嬉しさから、「自分の声をCDに残して子供達に聞かせてあげたい!」と改めて決意し、『歌スタ!!』に挑戦。
子供達には“大人になると良いことあるよ”という部分を見せていこう、という木山夫婦の子育て信条を改めて思い出し、最後まであきらめない姿を子供達に見せようと、木山はハンター多胡と一緒に最終プレゼンへ挑戦することを決意した。
そして迎えた最終プレゼンリベンジの当日、「この一曲を是が非でも世の中に届けたい」と“よろしく札”が上がった。
2008年2月6日「home」にてメジャーデビュー
オリコン最高位 7位を記録。
2008年12月31日 念願の第59回NHK紅白歌合戦に出場。

向井航 [チェリスト] & 平沼有梨 [ピアノ/作編曲家] feat. NAOTO [ヴァイオリニスト/作編曲家]

向井航 [チェリスト] & 平沼有梨 [ピアノ/作編曲家]
feat. NAOTO [ヴァイオリニスト/作編曲家]

Day 2 / 9月15日(日)
18:30~19:00 @イベントステージ
向井航 [チェリスト] & 平沼有梨 [ピアノ/作編曲家] feat. NAOTO [ヴァイオリニスト/作編曲家]

向井航
1980年札幌出身。東京芸術大学音楽学部附属音楽高校卒業。同大学を経てハンガリー国立リスト音楽院に留学。
帰国後、Vn室屋光一郎と「クラスタシア」を結成。5枚のアルバムをリリース。
ソリストとしてこれまで札幌交響楽団、関西フィル、Georgia sinfonietta、Tbilisi konservatorium orchestra、京都フィルと共演。
国内外のオーケストラからゲスト首席奏者として招聘され、Georges Enesco Festival、Tbilisi baroque festivalなど世界各国で演奏する。
映画「ラプラスの魔女」、NHK大河ドラマ「真田丸」でのチェロソロなど、劇伴音楽、CM、J-pop、海外映画、海外アーティストの多くの作品で録音している。
2012年、Martin Stanzeleitとチェロロックバンド「CANTHANA」を結成し、アルバムCD「Cellmate」「A minor attitude」をリリース。
関西フィルハーモニー管弦楽団特別契約首席チェロ奏者、まつきとわたるとはなこのトリオ、久石譲Future orchestra classics、ナガノチェンバーオーケストラ、ハーモニーホール福井レジデント弦楽四重奏「DINO quartet」メンバー。

向井航 [チェリスト] & 平沼有梨 [ピアノ/作編曲家] feat. NAOTO [ヴァイオリニスト/作編曲家]

平沼有梨
京都生まれ京都育ち。4歳から音楽を始める。ものごころついた頃には、作曲して演奏する事が一番の遊びになっていたという。小中学生の頃の趣味は、絵を書くことと、オーケストラスコアを眺めること。音楽大学在学中より全国各地でコンサート活動を始め、これまでにヨーロッパ各地、アメリカ、東アジア、東南アジアなど、海外ツアーも多数。
企業イベントの音楽制作、CMやテレビ番組への楽曲提供などでも活躍中。また、古澤巌、佐藤竹善、森山良子、TFC(東儀秀樹、古澤巌、coba)などのアルバム曲アレンジなどにも携わる。
2013年、アイスショー『プリンスアイスワールド2013』の音楽制作と演奏を担当。荒川静香の演技曲「Nella Fantasia」、鈴木明子のソチ・オリンピックSP曲「愛の讃歌」音楽制作及び演奏を担当した。最近では、フィギュアスケートのみならず、新体操やバトントワリングなどの競技でも彼女の楽曲が使用されている。
これまでに出版された楽譜集多数、アルバム11枚をリリース。
オフィシャルサイト

向井航 [チェリスト] & 平沼有梨 [ピアノ/作編曲家] feat. NAOTO [ヴァイオリニスト/作編曲家]

NAOTO
東京芸術大学附属音楽高校、同大学音楽学部器楽科卒業。クラシックからポップスまでジャンルにとらわれない音楽センス、ブリッジをしながらの演奏など華麗なパフォーマンスで人気を博し、ドラマ「のだめカンタービレ」では、オーケストラの選考、吹替演奏、楽曲提供、ゲスト出演も果たし一躍注目を集めた。独特の感性と切れ味鋭い超絶技術、ハイノートの美しさがオーディエンスだけでなくアーティスト達にも愛され、数多くの有名アーティストたちと共演。ポップス&ロックを表現するヴァイオリニストとして注目が集まっている。作曲家として、NHK「スタジオパークからこんにちは」のテーマ曲をはじめ、テレビ番組やCMなどに書き下ろし楽曲を多数提供し、大泉洋らが所属する演劇ユニットTEAM NACSの主宰公演の舞台音楽も歴任している。また、日本スープカレー協会理事、カレーマイスター、ラジオパーソナリティーなど活動は多種多彩。
オフィシャルサイト

SNARE COVER

SNARE COVER [シンガー]

Day 1 / 9月14日(土)13:45~14:15 @イベントステージ

2001年、当時高校3年生だった斎藤 洸(Gt.Vo)を中心にスリーピースバンド・SNARE COVER結成。
祖母が詩吟の師範だったことから、幼少よりその影響を大きく受けた斎藤の作り出すメロディ、そしてその声は唯一無二の世界観を確立しており、札幌では「ヤバイ奴がいる」と早い段階で噂となる。
ミニアルバム3枚をリリースした後、2016年秋に斎藤のソロ・プロジェクトとなる。
2017年、世界規模のインディーズオーディション「エマージェンザ」のジャパン大会にて優勝。
ドイツで開催された世界大会では惜しくも4位入賞だったが、その年のベストボーカリスト賞を受賞する。
その後、アニメ「メイドインアビス」のサウンドプロデューサーであるケヴィン・ペンキン氏に見いだされ、サウンドトラックにボーカルで参加。
その楽曲「Hanezeve Caradhina (ft.Takeshi Saito)」はYouTubeにて700万再生を超える。
その縁から、2019年1月公開のメイドインアビス劇場版総集編後編「放浪する黄昏」のエンディングテーマ曲「reBirth」をケヴィン氏と共作し、その原曲も収録されているミニアルバム「Birth」を2019年5月15日にリリースした。
また、斎藤は書籍等も出版されている大人気子猫の"わさびちゃん′′のお父さんとして全国的に知名度が高いという側面も持ち合わせている。
オフィシャルサイト

White Explosion

White Explosion [ダンス&ボーカルユニット]

Day 1 / 9月14日(土)16:30~17:00 @イベントステージ
Day 2 / 9月15日(日)10:30~11:00 @イベントステージ
Day 3 / 9月16日(月祝)10:30~11:00 @イベントステージ

北海道発!次世代型オールラウンダー「White Explosion」。通称ホワエク。
北海道を拠点に活動するアーティストというコンセプトのもと、2017年3月より本格的に活動スタート。
これまでに道内外様々なイベントに出演、知名度上昇警報発令中!
北海道のみならず日本を席捲するホワエク旋風にご注意ください!
現在 FM NORTH WAVE にて lol 佐藤友祐の「access to smile」にレギュラー出演中。

吉澤吉澤

吉澤吉澤 [ドラムとピアノのインストデュオ]

Day 2 / 9月15日(日)12:00~12:30 @イベントステージ

2015年12月結成。ドラムとピアノの兄妹インストデュオ。本当の兄妹。
お互いが幼い頃から培ってきた音楽性の違いを生かし、多様なジャンルの楽曲を演奏する。兄妹ならではの息のあったプレイが魅力。
札幌市内での活動を軸に、道内各地や道外、海外でも積極的に演奏を行う。
また、自身の演奏以外にもCMソング製作やアーティストへの楽曲提供など多方面で活動中。

不定期で行なっているワンマンライブでは、吉澤吉澤の音楽を軸にゲストを交えてのステージを展開。演奏はもちろんトークや楽器紹介のコーナーをふんだんに盛り込み、音楽に詳しくない方にも気軽に足を運んでいただけるライブとして好評を得ている。
今までに2枚のmini albumを制作、会場と一部のCDショップ等で発売中。
SAPPORO CITY JAZZ PARK JAZZ LIVE CONTEST 2017,2018,2019と3年連続でファイナリストに選出。2019年は特別賞を受賞。

Yup’in

Yup’in [シンガーソングライター]

Day 2 / 9月15日(日)13:30~14:00 @イベントステージ

東京都出身。Yup’inの「Yup」にはスラングで「YES」という意味と「高飛車で生意気」という二つの意味が込められている。まっすぐで飾らないありのままの姿で我が道を突き進む姿勢と、ファッション性やパワフルなライブパフォーマンスが同世代のファンから熱い支持を受けている。​昨年​の4月、第二の故郷とする北海道で限定シングル『Take Me Away』をリリースした。

YoYo the "Pianoman" (from SOFFet)

YoYo the "Pianoman" (from SOFFet) [ピアノジャズ]

Day 2 / 9月15日(日)15:00~15:30 @イベントステージ

YoYo(SOFFet)によるピアノ・ジャズライヴ・プロジェクト「ピアノマン」。
作詞・作曲・編曲家。4才からピアノを習い始め、15才の時に独学で作詞・作曲を始める。19才で渡米し、名門「バークリー音楽院」に入学。
帰国後 2003年、SOFFet(ソッフェ)としてメジャーデビュー。アーティストとしてアーティストとしての活動の傍ら、SMAPへの詩曲提供、CHEMISTRYへの詩提供、他アーティストへの楽曲提供や 編曲・サウンドプロデュース、ピアノ演奏での参加なども数多く行う。
2012 年、ピアニスト「YoYo the “Pianoman”」としてライブデビューを果たす。2015 年、Sax Player 門田 “JAW” 晃介 (ex PE’Z) と共に「JAW meets Pianoman」を発足し、全国でクリスマス恒例ジャズライブツアーを行っている。
またこれまでに、高須クリニックCM安藤美姫編テーマ曲「威風堂々」をアレンジ・演奏、ブリジストン自転車の WEB CM 短編映画「アルベルト e short film」の音楽の作編曲を担当、 ドン・キホーテ12曲の店内音楽の作詞・作曲・編曲を担当、松下奈緒最新アルバム『Syncro』(2019 年リリース ) へ作詞・編曲・ピアノとして参加。
2017年「Xperia」CM~ informercial~ へ出演。2018年、地元東京・小金井市の観光大使に就任。
同年末、12月5日レーベル Playwright より待望の YoYo the “Pianoman” Debut Album『O.G Swing』をリリース。全国6都市にてリリース記念ライブツアーを敢行。
また、横浜アリーナで行われた岡村隆史のオールナイト日本歌謡祭では高須クリニック・高須克弥院長とコラボレーション出演。ホーン隊を引き連れた YoYo the “Pianoman” Jazz Comboとして高須院長指揮の元、CM楽曲(Beautiful Smile / SOFFet)を10名編成のジャズコンボで生演奏しパフォーマンス・演出面を務めた。
2019年夏、YoYo the “Pianoman”リリース記念ライブツアーを締めくくるスペシャル追加公演を生まれ故郷武蔵小金井の宮地楽器ホールにて開催する。 他、各地のジャズフェスやイベントへも出演予定。

TRIPLANE

TRIPLANE [バンド]

Day 3 / 9月16日(月祝)12:00~12:30 @イベントステージ

北海道札幌出身のバンド。小学校の同級生である江畑兵衛(Vo&Gt)、武田和也(Ba)、広田周(Dr)によって結成され、後に川村健司が(Gt)が加わり現在のメンバーになる。
大好きな音楽で仲間と共に大空を羽ばたきたいとの想いから「三翼機~TRIPLANE ~」(三枚の翼がある飛行機)と名付ける。
ほぼ全ての楽曲を作曲、作詞している江畑による完成度の高いメロディーワークと日常を切り取ったリアルティのある歌詞が特徴。
楽曲のクオリティの高さから、アニメ「ONE PIECE」のエンディングテーマ「Dear friends」や北海道日本ハムファイターズ「10th Season プロジェクト」テーマソング「ファイターズと共に」をはじめ数々の楽曲がタイアップとして起用されている。
メンバー個々それぞれも個性豊かで、各々突出した特技、趣味も多くジャンル問わず交流関係の幅を広げ活動してる。
そして、各々の未来の見え方が変わって行き話し合いの結果、14年間活動を共にしてきた川村健司(Gt)が2019年1月に脱退。
3人となった新生TRIPLANEは変わらず夢を追い求め勢力的に活動してる。三翼機の上昇はまだまだ続く。

その他のコンテンツ

OTHER CONTENTS

主催

キロロ☆グランフェスタ2019実行委員会

キロロリゾート
エイベックス・エンタテインメント株式会社 北海道支社
株式会社北海道朝日広告社
北海道アクセスネットワーク
道新スポーツ

後援

北海道教育委員会

赤井川村教育委員会

NPO法人小樽スポーツ協会

北海道新聞社

赤井川村観光協会

小樽観光協会

積丹観光協会

仁木町観光協会

古平町観光協会

余市観光協会

協力

HBCラジオ

TVHテレビ北海道

FM北海道 AIR-G’

(株)セブンスギア

レズミルズジャパン

スポーツウェルネス吹矢協会

WINGテニススクール

フラダンス教室ホイホイ

Sapporo Slackline’s

サンダンスランチ

一般社団法人 SLDI

北海道アーチェリー連盟

特別協賛

伊藤組土建 株式会社

協賛

赤井川村「開村120周年事業」
北ガスジェネックス

TRIBUTE PORTFOLIO